- 16と14才の不良娘が少年に手錠をかけ強姦 -
2011.4.16
検察官は、16歳の少女クフタを監禁、威嚇、および性的暴行の容疑で成人として裁くことを
決定し少年院からポルタカウンティーの刑務所まで移されました。共犯の14歳の少女も監禁
したことをみとめています。

性的好奇心が旺盛なインディアナ娘たちは4月9日の午後8時〜9時の間に障害のある少年(17)を
携帯メールでクフタの自宅に誘い出した。
クフタの家についた少年は部屋の中でナイフで脅されて彼の背中で手錠をかけられました。
彼は台所に連れていかれ寝かされると、少女たちは彼をナイフで小突きまわし、あわてふためく
様子を、おもしろがって携帯電話で撮影しました。
少女は、偽のナイフを使用していて、少年を突き刺す意思はなかったと証言します。
あばずれ少女たちは彼のパンツを引きずりおろすと、少年の下半身にいたずらをはじめました。
怯えた少年が大声でわめいたので、少女たちは彼の口にティッシュを詰め込み、さらにテープで
口に封印をします。
少女たちは彼の上に乗り交代で彼をレイプしました。
少女たちは監禁した少年を他人に見せるために友人を呼びました。その間、少年は下半身裸で
毛布をかけられ2時間手錠をされたままでした。

呼ばれた友人の男性は下半身を露出させ後ろ手に手錠をかけられ口を塞がれた少年に驚き、手錠を
外しました。しかし少年はクフタに再びナイフで脅され、手錠されましたが、再び男性によって解放され、
警察に通報されました。
http://patdollard.com/2011/04/16-14-year-old-indiana-girls-handcuff-and-rape-17-year-old-special-needs-boy-for-hours-on-end/



- 5人の少女ギャングが50歳の男性に強制猥褻 -
(スウェーデン)
2009.7.8
スウェーデンでは男性に性的危害を加える少女ギャング団がいます。 事件はvintergatanと
いう町で7月8日の晩、午後9時頃に起こりました。50歳の男性が自転車で走っていると、
突然誰かに荷台をつかまれ彼は地面に倒れこみました。驚いた彼が振り向くと、彼の自転車
を引き倒したのは少女で身長約174cmで、前腕の上に入れ墨をしていました。
近くにいた仲間の少女たちは彼が倒れるのを見ると、一斉に彼に襲いかかりはじめました。
彼女たちは一緒に倒れている自転車を引き離すと、彼の手足を押さえつけ、ズボンを脱がし
始めて、最後にはパンツまで剥ぎ取りました。少女とはいえ5人が相手では男でもかないません。
少女たちは彼の下半身を手でまさぐりました。彼は怯えながらも徐々に興奮状態になり、
ついに少女たちの手の中で果ててしまいました。
男性がイクと、少女たちは歓声をあげて、そして満足したようにその場を立ち去りました。
犠牲者は、叩かれたり、暴行を受けたり、金銭を要求されていないことから、この女性ギャング団は
最初から強制猥褻の目的で中高年男性を狙って襲ったと思われます。
警察は、容疑者逮捕のために市民からの情報を望んでいます。
http://www.gunaxin.com/gang-of-girls-molest-swedish-man/24180
http://www.thelocal.se/20694/20090716/




少女7人に監禁暴行レイプされた17才の少年(イギリス) 2007.8.1

17歳の少年が、16-17歳の少女7名に監禁され、殴る蹴るなどの暴行を受けた末に
セックスを無理強いさせられ、その模様を携帯で撮影されるという事件の初公判が、
英ロンドンの刑事裁判所でひらかれた。
事件は昨年の3月8日に起こったもので、被害者の少年(現在は18歳)がひとりの少女に
お金を借りて返さなかったことが拉致監禁、暴行のきっかけだった。

借金の返済を迫られた少年は、少女によって建物の一室に呼び出されました。
少年はその部屋に待ち構えていた16〜17歳の少女7名に取り囲まれた。

お金を貸した少女が「こいつが、あたしのお金返さないんだ」と怒鳴りました。
その声を合図にするように、少女たちは一斉に彼にパンチを浴びせ始めました。

少年の顔はみるみる腫れあがりますが、少女たちはさらに壊れた箒の柄などで
めった打ちにしたので彼は腎臓を損傷するほどの怪我で倒れました。

重傷で倒れこむ少年に対し、少女たちは彼の衣服を剥ぎ取り、彼が所持していた携帯、
クレジットカード、プリペイドカード、現金を奪いました。

全裸で呻いている少年の下半身に少女たちは興味を示します。
少女たちが指で彼の陰茎をもてあそんで、やがて1人の少女が彼の上に乗り
少年をレイプしはじめました。
少年がレイプされている様子を彼女たちは携帯で撮影しました。
少女たちによる暴行、レイプは3時間半、続きました。

少年は解放された後も事件を口にしませんでした。
しかし、その後にレイプされている様子が撮影された写真が家族に送られてきたため、
少年は4人の男に暴行されたとだけ語りました。
7人の少女達にレイプされたとは言えなかったようです。
その後、ようやく少年は真実を警察に通報。事件後数週間たってからのことでした。

http://news.bbc.co.uk/1/hi/england/london/6926792.stm


17歳の少年をレイプした4人の少女たち(スウェーデン)  2007.10.12

事件はカルマールの南の小さな町Torsasで起きました。
この家族は以前から町の人々からイジメにあっていて
少年の母親は、過去にネット上で中傷されたこともありました。

事件は警察に通報した少年の母親によってあきらかになります。
17歳の少年が自宅に向かって歩いていたとき、10代の少女ギャングが
4人で彼を待ち伏せしていました。
少女ギャングの1人は少年の顔見知りでした。

彼は物陰に連れて行かれて脱がされ、少女たちにレイプされました。
4人の少女全員が彼をレイプするという恥ずかしい行為を受けたと少年は言います。
そして少年は彼をレイプした少女の1人の身元を警察に提供しました。

彼は月曜日の晩に同年代の2人の少年によって殴られる暴行を受けたばかりでした。


http://www.thelocal.se/8774/20071012/
http://www.shortnews.com/start.cfm?id=65620


強姦で訴えられる女の子(南アフリカ)  2010.06.11

14才と19才の少女は12才の少年たちのペニスにコンドームを装着しセックスしました。
その行為はおよそ4時間続いた後で、少年たちは解放されました。
少年たちはこの事件以来、外に出るのをこわがるようになりました。

木曜日の午後、少年たちの住むNyangaの町で親類を尋ねた帰り道に事件は起こりました。
男の子たちは少女の家の前で彼女たちに会いました。
彼女たちは少年たちに見せたい物があると誘ったので、彼女たちの家に入りました。
男の子と少女たちは顔見知りだったので、何も疑いませんでした。

家に入ると、19才の女はドアをロックして、少年たちに向かって微笑んで
自分のパンティの中にキーを隠しました。
女の子は、男の子たちを引き離し、別々の部屋に入れました。
彼女たちはそれぞれのドアをロックすると音楽を大音量で流しはじめました。

少女は、嫌がる男の子の服を脱がすと、手で巧みにペニスに刺激を与えて
勃起させ、準備していたコンドームを被せました。
少女は少年に跨りレイプを始めました。
およそ4時間、その間に何回レイプされたか明らかにされていません。

彼女たちは満足した後、誰にも言わないように命令して彼らを自由にしました。
男の子がその日帰宅したとき、19才のいとこに泣きながら話したい事があると言いました。
彼は彼と彼の友人が女の子の家に監禁されて、2人の女の子によって強姦されたと話した
ので事件は明るみにでました。
男の子のうちの1人の32歳の母親は、彼が状況を説明したとき、彼女の息子がひどく泣いた
と言い、女の子がレイプしたことを自慢したと聞いて、激怒しました。
彼女は、それからすぐに彼女の通りに沿ったもう1人の男の子の家に行って、その男の子と
彼の母から同じ話を聞いて事件を確認し、警察に届けました。。
Nyanga警察(Ntomboxolo Sitshitshi)の代者は、2人の女の子が強姦容疑で逮捕されたと言いました。

http://www.iol.co.za/index.php?set_id=1&click_id=15&art_id=iol1276245578943G642


inserted by FC2 system