クーガー女(cougar woman)

クーガー女とは雑誌にも特集を組まれるほどの流行語である。
クーガーとはピューマの別名で、北米大陸などに生息するネコ科の肉食獣(ピューマ)のこと。

35才以上の社会的地位があり経済的にも人間的にも余裕のある女性が
急増していて、彼女たちは趣味やSEXを奔放に楽しんでいます。

その中でも性欲が非常に強く、積極的に年下の草食系男子を食い漁る女性たちを
肉食獣のクーガーに例えて「クーガー女」と呼んでいます。

ニュージーランド航空がキャンペーン広告の題材にクーガー女を用いたところ、
多くの男性の被害者から精神的苦痛を訴える抗議が殺到して人々を驚かせました。


クーガー女の語源は2009年秋に放送された
コメディドラマ『Cougar Town』です。

若いつばめを狙う中年の女性を題材にした
このドラマがクーガー女という言葉を流行らせる
ことになりました。

彼女たちは常にセックステクニックを磨いていて
前夜に男を何回ノックダウンさせたかを競います。


 日本のクーガー女
 日本ではクーガー女はアラフォー女とも呼ばれています。
 日本のクーガー女は3人、4人と群れをなして行動するのが特徴です。
 この女たちは若いころ毎晩ディスコに出没しては男と交わっていた経験者です。
 派手な服装で連夜のように六本木や麻布、渋谷などのクラブに出没して、
 若い男を漁りまくっているせいで、クマが消えず目じりのシワも目立ちがちです。
 バーや洋風居酒屋などに出現する場合があります。

 ひとりでいる男性が彼女たちの獲物です。リーダーの女が男性を誘います。
 ホテルに着く頃にはいつのまにか仲間の女たちが加わっています。
 部屋に入ると飢えたクーガー女たちの様子に、男はすっかり怯えています。
 ベッドで襲われている様子はまさにクーガーが獲物を貪り食べているのと同じです。

 女たちは男性の免許証などから個人情報を調べます。
 男の連絡先を知ったクーガー女たちはその後も性奴隷として呼び出すのです。


inserted by FC2 system