ジンバブエ連続逆レイプ事件             

--- 逆レイプ事件頻発(ジンバブエ) ---
 ジンバブエ共和国
 
 人口 1340万人
 首都 ハラレ(160万人)
 ショナ族(75%)、ンデベレ族(20%)、白人(1%)

ジンバブエ・グワンダの小さい町は、男性の精子を集めて、南アフリカに輸出する女性が増加しています。

自分自身をモニカと名乗る19才グワンダ売春婦によると、ザンビアからの越境売買人は、売春婦たちから
男性の精液250ml につき25ドルで精子を買って輸送しています。
モニカは、売春婦が客とセックスした後に使うコンドームから精子を集めていると言いました。
精液は売人により提供される250mlの小ビンにあけられて、売人が来るまで冷蔵されます。

「南アフリカに市場を持つ少なくとも5人の売人を知っています。彼らは250mlのビンにつき25ドル〜30ドルで
精子を我々から買い取ります」とモニカは言います。

モニカによると、売人ドライバーは取引で大もうけしているそうです。売春婦らが精子を彼らに届けるたびに、
箱は常にいっぱいです。彼らには南アフリカで巨大なネットワークがあることを示唆します。

モニカは、女性4人グループに属していて、調子のいい月だと、およそ6〜8本の250mlの精液を集めることが
できると言いました。それだけ集めると毎月200ドルのボーナスも出るようです。
ジンバブエの平均年収は500ドルですが、彼女たちの収入はそれ以上です。

精子取引のビジネスはジンバブエのすべての町にあって、男性には彼らの精子が集められてる
ことは極秘にされています。
私が、グループに加わる前は、競争が非常にきつかった、
グワンダでは女性に対してセックスの料金をほとんど払っていない多くの男性がいます。
そのせいか、グワンダで調子のいい日は5つまたは6つのコンドームを集めることができます。
それだけ集めるのにMasvingoではおよそ3〜4日がかかります。

科学によると、平均的な男性は、平均して、250mlのビンを満たすにはセックス25回必要です。
1回の射精で、精子のおよそ10mlsを生産します。
モニカは、彼らがグワンダでセックスの1ラウンド5ドルから7ドルの値段と主張します。
お金が欲しくてたまらないとき、速く、多くの精子を集めるよう、1ラウンド2ドルから3ドルに安売りもします。
時々、我々は、精子を収集する目的で、多くの精子を持っている若い男に値引売春します。

モニカは、精子売買の噂の後、一部の男性が彼らが売春行為の後、自分達でコンドームを処分したいと
現在要求しています。しかし、女性は上手くごまかしているといいます。

もう一つの事実では、夜の女性は、一部の男性と女性が収集した精子を2ドルで彼らのところ売りにきます。

我々は、特にスラム街の男たちやストリートチルドレンから若干の精子を買います。彼らが自慰をした
コンドームを持って我々に2ドルで売りに来ると言います。何人かは、彼らが女と彼らを利用した後に
使い古したコンドームを売りに持ってきます。

それが南アフリカの市場で、精子が何のために使われるかについて、すぐに確かめることができませんでした。
モニカは、売買人が南アフリカで髪製品を製造する会社に精子を売っていると言いました。
モニカの会社の中にいたもう一人の女性は、男性器拡大ハーブと性欲促進剤の製造のための材料に精子を買うと
主張しました。
http://www.bulawayo24.com/index-id-news-sc-regional-byo-49888.html



---  3人の女性レイパー容疑者が単なる売春婦と判明し釈放される  --- 2012.5.3

ジンバブエの検察官は、3人の女性に対する告訴を取り下げたと発表しました。
DNA鑑定の結果、レイプされ精液を収集されたと主張した17人の男性との関連を見つけることは
できませんでした。

女たちは自分たちは売春婦で、精液入のコンドーム31個は仕事のあと処分してなかっただけだと
主張していました。そして実際、彼女たちの収監中にも逆レイプ事件は起こっていました。

           

http://nehandaradio.com/2012/05/03/charges-dropped-against-alleged-female-rapists/




---  3人の女性レイパーが逮捕される  --- 2011.10.9

ジンバブエ当局は10月9日、ハラレから南に300キロ離れた町で起こった交通事故をきっかけに
男性17人に対する性的暴行罪で3人の女を逮捕した。
犯人はソフィア(26)とネッサイ(24)の姉妹、ローズマリー(28)で2年前から犯行を繰り返していたと
みています。車を運転していた彼女たちのボーイフレンドも逮捕されています。

今年3月に19歳を車に乗せたあと、麻酔をスプレーし、3人でコンドームを使用して精液を採取しました。
8月には兵士を車で送っていくときに銃で脅し、コンドームを使わないSEXを強制しました。
そのほかにも、巡査に道を尋ねるふりをして車に引きずり込み、3人で輪姦しました。
この他、14人の男性を襲うために異なる車を用意していました。

今回、交通事故に巻き込まれた彼女たちの車を警官が調べると、使用済みのコンドーム31個が
トランクから見つかり逮捕されたものです。
ジンバブエの一部の地域では、厄払いや死者の復活の儀式に精液が使われるという。

     

ジンバブエの女性は儀式目的のために男性を誘拐していて、強姦していると、報道されています。
6人の男性は最近11ヵ月で女性によって輪姦されました。


3人の女は26才の男性警官を最近襲いました。小型バスの3人の女たちはブラワヨから彼を乗せることを承知しました。
彼が座ると、1人の女が突然、彼の鼻に薬で飽和する布を置き、彼は気絶しました。
彼は、3人の女性が彼をレイプしているときに意識を回復しました。彼は携帯電話と30ドルを盗られ、郊外で捨てられました。
類似した攻撃は、ハラレ、GweruとMasvingoで報告されました。

2人の女は44才の男性を車に乗せたあと、80km先で車は止まり、男性がハラレで買って、西カロイの家に輸送しようと
していたマットレスの上で彼らとセックスすることを強制させられました。先月のことです。

2人の女は18才の若者をハラレの中心ローマカトリック教会に閉じ込めて、彼を強姦しました。11月のことです。

ほとんどの場合、犠牲者は薬物を投与されます、そして、女性はコンドームを使って精液を集めています。
祈祷師は女性に儀式のアイテムのために精液を集めるように命じた可能性があると、解説者は説明します。
彼女らは貧困のため、精液を集めて金を儲けたい人々です。ジンバブエ全国Traditional Healers協会の幹部がZimonline通信社に
言いました。
『それは非常に心配しています、我々の社会は問題を抱えています。』  2010.10.9
http://sify.com/news/where-women-rape-men-for-healing-purpose-news-international-kkjqkedhiah.html





inserted by FC2 system