ジンバブエ連続逆レイプ事件             

--- 逆レイプ事件頻発(ジンバブエ) ---
 ジンバブエ共和国
 
 人口 1340万人
 首都 ハラレ(160万人)
 ショナ族(75%)、ンデベレ族(20%)、白人(1%)

---  4人の女性がトイレで強姦未遂  --- 2012.5.27
4人の女はトイレで男性を強姦未遂した件について起訴されました。

容疑者はテンダイダヴェンガ(20)、モリーティベノ(20)、ジェーンテンボ(30)、ポーリンモヨ(28)です
男性(33)は今年3月9日の午後7時頃、Makakavhuleの村のバー(Beitbridge町から約10km)で叔父と飲んでいました。
そのとき、彼のそばには4人のビッチ女がいました。
女たちは男性に「オマエのペニスは小さいだろう」「小さくないならこの場でパンツを下ろして見せてみろ」などと
からかいはじめました。
彼がトイレに行ったときに、4人の女たちは彼の追ったようです。

 

そして4人の女は彼を捕まえると、近くのブロア・トイレに引きずりこみました。
トイレの入り口はティベノ(20)が見張っていました。
テンボ(30)が暴れる彼の首を押さえつけて、ダヴェンガ(20)は彼のパンツを脱がせました。
モヨ(28)は自分のパンツとスカートを脱ぎ下ろすと彼に跨りセックスをはじめました。

彼がなかなかバーに戻らないことを心配して探しにきた彼のおじは、
トイレで4人のケダモノに襲われている被害者を見つけ、救い出すことができました。

おじが探しに来たことは非常に幸運でした。
治安判事Auxilia Chiumburuは、6月26日まで4人の女性を送還しました。
ジンバブエでは儀式で使用するために男性を強姦して精液を集めている女性の全国的組織があると、
ジンバブエ警察は把握しています。
しかし、今回のケースは女性が過去に類似した犯罪を犯していないことから関連はないとみています。
http://www.newzimbabwe.com/news-8086-4+women+held+after+man+claims+rape+plot/news.aspx


---  2人の女性によって強姦される30才男性  ---
 2011.5.3

先週の金曜日に2人の女によって30才の男性がレイプされた事件をGWERU警察は調査しています。
今まで起きている12件以上の事件の中で最新のものです。
犠牲者は、都市のロベングラ・ウェイに沿ったAMTECガソリンスタンドでハラレ行きのヒッチハイクを
しようとしていたヒッチハイカーでした。
4月29日の午後9時頃、ハラレへ向かっているという40代後半または50代前半の女性運転して
前部座席に女性、後ろのシートに男性がいる黒いTOYOTA Caudingがその場所を通りかかりました。

女性ドライバーは2人の乗客もハラレに運ぶ途中だと言いました。
犠牲者は後部座席に乗りました。 Gweruから2、3キロメートル走った後、ドライバーは給油するために
Consilla Service Stationに寄るといいました。
突然、隣に座っていた男が麻酔剤を含ませた布を彼が意識不明になるまで、口をふさぎました。
男が意識をようやく回復したとき、彼は茶色のカーペットと2つの革ソファーがある部屋にいました。
車に同乗していた男は、ナイフで武装していました。
2人の女性は服を脱いで全裸になり、彼の方へ近寄りました。
それから、彼はナイフで2人の女性と避妊用具を使わない性交をすることを強制されました。
攻撃の後、彼が意識を失うまで、布で再び口をふさがれたと言います。
彼が土曜日の早朝に目覚めると、Gweru-ハラレ・ハイウェイに沿ったセントパトリック沿いの薮にいました。
彼は70米ドルの現金(携帯電話)、そして、身の回り品180米ドル相当を奪われました。

警察は盗まれたり犯される危険を減らすために人の車に乗り込むことをやめるよう訴えています。
http://www.newzimbabwe.com/news-5040-Women%20rape%20man%20at%20knife%20point/news.aspx



--- 4人の女性は、25才の男を輪姦します  --- 2010.2.24

25歳のマスィンゴに住む男性は日曜日の午前2時ごろマスィンゴ通りの自動車のディーラーの
建物の近くでヒッチハイクしていました。
すると赤い車を運転していた4人の女性が彼をGweruまで乗せることを承諾しました。
都市からおよそ15km運転した後に、ドライバーは車を道端へ停めました。
1人の女性がピストルをちらつかせながら彼は何かの液体を飲まされました。

そして彼女たちは4人全員が交代で、彼をレイプしました。
その後、車で移動中に彼が意識不明になったので、女たちは彼を現場に投げおろしました。
強姦された後、彼は8時間以上意識不明になりました。
彼は午前10時ごろに意識を回復しました、そして、警察に連絡しました。
警察は、それが儀式目的だった疑いがあるけれども、強姦の動機がミステリーのままだったと語ってます。
逮捕はされず調査がまだ進行中です。

http://forum.newzimbabwe.com/index.php?/topic/10969-four-women-drug-gang-rape-man/



--- 女性2人は33才の男を誘拐し4日間強姦します --- 
2009.4.2

ジンバブエの2人の武装した女性は、男性を誘拐して4日間監禁しました。
これは、英国中部行政区で起こりました。 警察は現在2人の女性を捜しています。
33才の男性は、Gweruの英国中部町で、南アフリカで登録されたジープをヒッチハイクしました。
車がShurugwiのBoterekwa地域に着いたとき、2人の女は近くの村に住んでいる親類に会うために
立ち寄りたいと言い、砂利道を車は走り続けました。
砂利道に沿って2、3キロメートル走ったところで車は止まりました。

運転していた女性は、もう1人の女性にピストルを渡し、その女性は彼に「命令に応じなければ生命がない」と言いました。
2人は、男の口に脱脂綿を詰め込んで、包帯で結びました。
そして彼らは男に車の床に横たわるよう命令して、再び車を走らせました。
やがて12kmのドライブの後、車は再び止まりました。2人の女性は男を車に縛りつけて、姿を消しました。
女性がいない間、男は携帯で誘拐されたことを彼の兄弟に連絡しました。
しかし、彼は今どこにいるかわからないため場所を説明できませんでした。
2人の女性は45分後に車に帰ってきて、男に目隠しをして再び車で走り出しました。
ある家で彼は車を降ろされ、彼のすべての服を剥ぎ取りました。そして総額225米ドルと携帯電話を奪いました。
女らは、それから男にベッドに横たわるように命じました。
そして男性性器を刺激する催淫薬を混ぜたと思われるオートミールがゆを食べさせました。
彼は、ポルノビデオを見させられた後で、2人の女性のうちの1人と4日間性交をすることを強いられました。
その後、彼は家から連れ出され、車でGweruとKwekweの間の未舗装道路の端に投げおろされ解放されました。

http://en.afrik.com/article15524.html



---性的飢える女性は、教会で男性を犯します  ---  2009.11.22

3人の女性はChitungwizaで18才の男性を誘拐しハラレの都心の大聖堂に監禁しました。
そこで彼は1人の女にレイプされました。
火曜日に、男性の雇い主は、彼をMakoniショッピングセンターにお使いに行かせました。
彼が午後3時に繁華街のショッピングセンターへのに向かっていたところ、彼のそばに
突然クリーム色のトヨタカローラが停まり、3人の女性が出てきて彼を車に押し込みました。

その後、Fourth通りに沿ったハラレのローマのカトリック大聖堂に彼を監禁しました。
午後8時ごろ、女性のうちの1人は監禁した男性部屋に戻り、男をレイプしました。
その後、女性は大胆にも男の雇い主の妻に電話して、犠牲者が無事であり、所在についても
心配することはないと連絡しました。

次の朝午前7時ごろ、3人の女性は青年に彼らの車両に押し込み、Machipisaショッピングセンター
付近で彼を解放しました。
彼は、Machipisa警察署に被害届けを提出しました。
警察は容疑者を捜していますがまだ逮捕に至ってません。

http://www.zimdiaspora.com/index.php?option=com_content&view=article&id=2243:sex-starved-women-rape-a-man-in-church&catid=38:travel-tips&Itemid=18



inserted by FC2 system