プロ野球選手逆レイプ未遂事件 2003年2月5日

広島カープの沖縄キャンプ中にその事件はおこった。
誰もが寝静まった深夜2時過ぎに20代と思われる女性2人が球団宿舎である
ホテルに侵入し、フロントの目をかいくぐって、チームが借り切っている4階まで
上がった。
2人は各部屋のドアノブを回して鍵がかかっていないか確かめ始めた。
そして、たまたま鍵がかかっていなかった河野昌人投手(24)の部屋に入り、
ベッドで寝ている河野選手に寄り添い、ディープキスをしたという。

河野投手は「寝ていたら突然、口の中にぬめぬめした物が入ってきた」
「目をあけてみたら、女とディープキスをしていて驚いた」と話している。
女性たちはあきらかに泥酔状態だったという。
さらに女たちはパンティを脱ぎすてて「抱いて」と上に乗って抱きついてきた。
普通の男ならそのまま押さえ込まれて、レイプされていただろう。
しかし河野選手は身長185cmの現役のスポーツ選手だけに、必死で抵抗して、
なんとか2人を部屋から追い出すことができた。
河野選手からの連絡で関係者が事件に気づいた時には女性たちは
すでに姿を消していたという。

事件の数日前にも、このホテルで内部の様子を伺う不審な2人組の女性が
目撃されており、計画的な犯行との見方もあり、監視態勢を強化している。
(2003年2月7日付 東京スポーツ1面)



尼崎男子中学生性的虐待事件

あまりにも有名な事件である。
2013年10月9日 沖野玉枝容疑者(43)は14歳の娘に交際を迫った男子中学生に激怒、
自宅に監禁し14〜18歳の少年3人少女3人とともに午前3時30分頃から約1時間半にわたって
性的虐待を加えた。

「服脱げや。」「むち打ちやな。」などと語気鋭く申し向けて脅迫。
男子生徒を全裸にした上で、その尻をベルトで何回も叩いた。
次に陰茎を中心にろうそくに火をつけて溶けたろうを垂らしたうえ、 「オナれや。」と命令、
自慰行為をさせみんなで鑑賞してあざ笑った。さらに、その陰茎を手指で弄び、シゴキつつ
その肛門にピンクローターを挿入するなどの強制わいせつ行為をしたものである。

玉枝はさらに「奴隷になって住み込むか」と脅していた。


            
inserted by FC2 system