ジンバブエ精液強奪事件            
ジンバブエの売春婦たちは3人〜4人のグループで精液売買をビジネスにしています。
しかし、得られる精液は売春が盛んなグワンダでも調子のいい日で1日に6人程、
コンドーム6個分(およそ60ml)です。
売買は250mlのボトル単位で約25ドルで買い取られます。
そこで彼女たちはてっとり早く精子を集めるため銃を持って車で男性を誘拐し、
逆レイプして精液を強奪します。彼女たちは男性を輪姦して短時間に3〜4個のコンドームを
獲得します。セックスをせずに、手コキだけで何度も搾り取る場合もあります。

そして男性を路上に放置して逃走します。犯人の逮捕は非常に困難です。

中国製の医療用最新型精液採取装置
ピンクのホールに陰茎を挿入しスイッチを入れると作動して
精液を強制的に搾り取る。

もしジンバブエの女性ギャングたちが入手したら、
誘拐された男性にとって大きな脅威となるであろう。


---   4人の女性は26才の男性に自慰を強要します  --- 2011.7.12

彼女たちは被害者とセックスしませんでした。
午後3時にラッキースーパーマーケットで26才の農業の男性は道を尋ねる女性と会いました。
彼は道順を教えましたが、彼女はわからないので一緒に行って欲しいと彼に頼みました。
彼が承諾すると、彼女は友達が今ガソリンスタンドで給油しているのでそこに行かなければ
ならないといいました。
女性は着色フィルムを貼った銀色のカムリに彼を連れて行きました。
車にはすでに3人の女性が乗っており、彼は後部座席に乗せられました。

車がマリアガレージに近づいたとき、女の1人はピストルを彼に向けました。
殺される恐怖に彼はおとなしくなり、女は彼に目隠しをして砂利道を走りました。
ある家の前で車は停まり、彼は中に連れ込まれた後で目隠しを外されました。
そして茶色の錠剤と食べ物を与えられました。
彼は服を脱いでベッドに寝そべるよう命令されました。
4人の女は彼に密着するようベッドに寝そべり、彼にコンドームを装着しました。
そして彼の体をみんなでなでまわして彼に自慰するよう促しました。

彼は翌朝まで4回の自慰を強制され、彼女たちは容器にそれを溜めていました。
彼は再び目隠しをされ、車でジュルムワンザ通りに運ばれ捨てられました。

警察は市民にヒッチハイクをしないよう呼びかけています。
マソナランド西、中央、チュギザ、マシゴ、ブラワヨなどの事件は全て逮捕されていません。
http://zimbabwenewsonline.com/top_news/2218.html



---  3人の女性は精液を集めるために32才の男を強姦します  --- 2011.4.24

事件は水曜日午前4.45時頃にChegutuのTwyford Farmとブライデン学校の間の林道で起こりました。
ベンダ語を使う女性は、それぞれが彼の精液を集める前に、男性を輪姦しました。

32才の男性ムニャラジ・ムシューはハラ−レで列車から降りた後、姉妹に会うためにグエルまで行く車を
ヒッチハイクをしていたところ、女性が彼にどこまで行くのか声をかけてきました。
その女性と話していると、目の前に着色ガラスのウィンドウがある黒いMLベンツが停車しました。
女性はドライバーのところに行って何か話していました。

ドライバーは彼にブラワーヨに向かっているが、彼を乗せることに承諾しました。

車はマリンバショッピングセンターに止まり、国民スポーツスタジアムで別の女性を迎えに行きました。
車の中の3人の女たちは同じ犯罪組織のメンバーだったようです。

彼は「あなたって結婚しているの?」と聞かれたので「あぁ、結婚して子供がいるよ」と言いました。
「あなたとセックスしたい、そしてあなたの精液を一滴残らず欲しいの」と彼女たちは言いました。

「これ、飲んでみて」と隣の女が、水に似た300mlのボトルを取り出して彼に飲ませようとしました。
いかにも不審そうな飲み物に「いらない」と彼は断りました。
彼女は、突然彼女の手に半分のボトルの液体をすくって、彼の顔にはねかけました。
すると彼は、突然めまいがして全身の力が抜けました。彼は眼鏡を脱ごうとしました。

別の女が彼の左肩に何かを注射しました、すると彼の顎がしびれはじめました。
体の力が入らない彼の股間を後部座席の隣の女性は、なでまわし始めました。

彼女らは、ハラーレ-ブラワーヨ道路で林道にそれて約2Km走り、止まりました。
隣の女が彼の衣服を脱がせ、彼女自身も脱いで、彼のものにコンドームをつけました。
そして彼の上に座ってセックスをはじめました。
彼が果てると彼女は、精子のつまったコンドームを手際よく外して結び、ダッシュボードの
小さい箱に置きました。

今度は別の女が彼のものにコンドームをつけ、セックスをはじめました。
結局、2人にレイプされ、彼女たちはコンドーム計3つを獲得しました。
そして彼の貴重品を持ち去ると、彼らは、彼を道路の端に捨て走り去りました。」

http://www.zimpapers.co.zw/index.php?option=com_content&view=article&id=1823:three-women-in-white-rape-man-at-gunpoint&catid=46:crime-a-courts&Itemid=138


---  白い服の3人の女性は、銃で27才の男性を強姦します  --- 2011.2.12

先週、白いガウンを着た3人の女がベアトリスで27才の男性を待ち伏せて、
彼の精子を集めるために銃で脅して性的に虐待しました。

事件は、月曜日の午後9時に起こりました。
27才の男性はサイモンロータリー(KuMbudziとも呼ばれる)でヒッチハイクをしていました。
そこにベアトリスに向かっていると言う3人の女が乗った黒いBMW 4x4が通りかかりました。
女性たちは彼を快く乗せました。

2、3キロメートル走った後で男性と並んで後部座席に座っていた女が彼にピストルを向けました。
そのまま人気のない砂利道に沿って走った後で車を停めました。
彼女たちは彼にすべての服を脱ぐように命令し、その後で、液体を飲むことを命令しました。

飲まされた液体のせいで彼の意識はもうろうとしていました。
1人の女が彼の上半身をなでまわしたり、キスしたりしていちゃついてる間、
女2人が彼の下半身をまさぐり、慣れた手つきで彼にコンドームを装着しました。
そして手で彼の陰部をなでまわしたり揉んだりしながら精液をコンドームに搾り始めました。

女たちは彼から精子をすっかり搾り取った後、彼の携帯電話と65米ドルを奪いました。
彼は意識不明になり置き去りにされました。

この2週間で別々の2人の他の男性は、類似の事件で4人以上の女性に精液を奪われています。
http://www.zimpapers.co.zw/index.php?option=com_content&view=article&id=1823:three-women-in-white-rape-man-at-gunpoint&catid=46:crime-a-courts&Itemid=138



 --- 4人の女性は麻薬にふけって、人を輪姦します  --- 2010.2..24

25歳のMasvingo人の男性 は日曜日の午前2時ごろ Masvingo通りの自動車のディーラーの
建物の近くでヒッチハイクしていました。
すると赤い車を運転していた4人の女性が彼をGweruまで乗せることを承諾しました。
都市からおよそ15km運転した後に、ドライバーは車を道端へ停め、女性のうちの1人は
ピストルをちらつかせました。
彼は何かの液体を飲まされました。その後彼女たちは交代で、彼をレイプしました。
彼は、女性が車で走り去る途中で、男が意識不明になって、現場に投げおろされたと言いました。
強姦の後、彼は8時間以上意識不明になりました。
男は午前10時ごろ意識を回復しました、そして、彼は警察を報告しました。
警察は、それが儀式目的だった疑いがあるけれども、強姦の動機がミステリーのままだと語ってます。
逮捕がなされなかった、そして、調査がまだ進行中だったと言いました。

http://forum.newzimbabwe.com/index.php?/topic/10969-four-women-drug-gang-rape-man/




inserted by FC2 system