海外の逆レイプ 2             
若い3人の女が強姦目的で男性を誘拐?やらせ映像でしょうか?(グルジア) 2015.2.8
バス停から男性をさらう女ギャングのショッキングな映像、この後男性はズボンを履かずに逃げてきました。CCTVの映像は、女性グループの車がにさびれた通りに立っている男性を引きずり込むのを映しています。1人の女が、車に引きずり込む前に、窓を開けて彼に話しかけています。彼女と車から降りてきた2人のあわせて3人で若い男を車の後部座席に押し込んで走り出します。2015/2/8 pm22:58のことです。地元メディアによると、警察はイメレティ州の西部グルジアの地域のクタイシ市バス停で起こった誘拐疑惑について調査しています。 しかし奇妙なことに、この話が公開された後に、第二のCCTVカメラから撮影した映像が登場しました。第二のビデオでは、女性が男性とキスをしている時に、ズボンを履かず走って逃げる誘拐された男が映し出されます。その後を女ギャングたちの車が追いかけていきます。カメラに記録された時間から誘拐されて4時間半後のことだとわかります。しかし、観察眼の鋭い視聴者は、両方の異なった場所のバス停で同じコーヒーのブランドの広告があることを指摘しました。これは偶然の一致でしょうか?地元メディアに登場以来、ビデオは拡散されました。警察は、彼らがグルジアでの事件を調査している確認しているが、一部の視聴者は、バイラルマーケティングのスタント可能性を示唆します
http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/young-women-kidnap-man-sex-5183166
30代女が知的障害持つ10代少年に性的暴行(韓国) 2014.04.02
韓国中部、忠清北道の沃川警察は4月2日、軽度の知的障害を持つ16歳の少年を監禁し、暴行を加えていたとして、30代の女を逮捕した。
女は2014年2月20日夜、少年をワゴン車に乗せ、空き地に連れて行って約2時間にわたり、暴行した。さらに少年をホテルに連れ込むと、性的暴行を加えた。女は口止めのためか携帯電話で少年の身体を撮影していたという。女は現地のコンビニエンスストアで働いていて、この店で少年と知り合ったという。韓国・朝鮮日報の報道として、中国網が伝えた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140406-00000016-xinhua-cn
メルセデス‐ベンツの女性は、男を強姦して、彼の精液を盗みます(マラウィ) 2013.09.08
週末に4人の女性によって誘拐され強姦された男性は、発見されサリマの病院に緊急搬送の末、酸素吸入が必要な状態です。22歳の青年はリロングウェのArea 49で小型バスに乗り込もうとしていました。そのとき黒のメルセデス‐ベンツが彼に近づき彼に乗るよう促しました。4人の女が乗るベンツに彼は乗り込みました。彼らはナイフを持っていて、彼を脅し手錠で彼を束縛して、彼の目を布でおおいました。彼が助けを求めて悲鳴をあげるので、女性は砂を彼の口へ注ぎました。車は76km離れたサマリに向けて走り出しました。彼は脱がされ、コンドームをつけられリロングウェからサリマまでの移動の間交代で強姦し続けました。強姦者は彼の精液を集めていたようです。彼は種が尽きて半死半生になり中部地域湖畔地区に置き去りにされました。私はナンバープレートを思い出すことができませんと、彼は言いました。警察は、入院する青年の訴えで加重強姦を確かめました.
彼は発見されSalima地区病院で酸素吸入器をつけられて生きるために戦っています。多くのマラウイ人は男性が現在女性によって性的に虐待されているところに衝撃を受けました。

http://zimkasi.com/index-id-weird+news-zk-17465.html
http://www.faceofmalawi.com/2013/09/a-man-who-was-gang-raped-by-four-women-has-been-placed-on-oxygen-due-to-exhaustion/
4人の太い女性がトロントで男性を逆レイプ(カナダ) 2013.03.31
4人の女性がトロント・ナイトクラブで19才の男性と出会った後に性的に襲ったと報告します。伝えられるところでは、女性容疑者たちは銀のホンダSUVで彼を家まで送ると申し出たが駐車場から少し走ったところで彼に襲いかかりました。女性たちは30才〜36才で全員が身長はおよそ162cm体重はおよそ90kgの太い白人です。彼らは、ハイヒールで短い黒いドレスを着てパンティストッキングは履いていませんでした。プロレスラーなみの体格の女たちに上に乗られては、なすすべもなく結局、男性は4人全員にレイプされたとのことです。当局は攻撃の詳細を明らかにしていません。そして逮捕はなされませんでした。犠牲者は、無傷でした。トロント警察は、男性が恥ずかしがらず犯罪を報告することを称賛しました。
http://www.nydailynews.com/news/crime/toronto-man-sexually-assaulted-4-women-police-article-1.1310488
http://www.huffingtonpost.com/2013/04/08/women-sex-assault-man-toronto-police_n_3036885.html
成都で通りすがりの男性を逆レイプ(中国) 2013.2.28
2月28日の晩、成都の街は突如騒然となった。多数の人が目撃する前で酒に酔った女が突然、通りがかった男性を襲ったという。いきなり男性を道端に押し倒して、馬乗りになるとズボンを脱がはじめた。男性は必死に抵抗していたが、最後には屈服したという。女は男性のモノを握ると、自らの秘部にあてがい、激しく腰をふりはじめたという。多数の観客は思わず撮影、写真をブログにアップするものまで現れた。10数分後、性行為を終えた女は何事もなかったように立ち上がり道路を横切って何事もなかったように颯爽と現場を立ち去った。当然のことながら警察は捜査しているという。
http://news.xinhuanet.com/legal/2013-03/04/c_124412345.htm
http://www.ldnews.cn/rdzx/201303/136558.shtml

アンジェリーナ似の美女がタクシー運転手を逆レイプ(ルーマニア) 2012.09.01
米人気女優アンジェリーナ・ジョリーそっくり美女による“逆レイプ事件”が発生した。タクシー運転手のニコラス・スタンさん(34)はタクシーの乗客のルミニータ・ペリジョク容疑者(30)に「部屋に荷物を運ぶのを手伝ってほしい」と頼まれた。スタンさんが荷物を持ちキッチンに入ると、ペリジョク容疑者は「服を脱いで。今夜あなたは私の奴隷になるの」と迫ったという。スタンさんが拒否すると、容疑者は怒りだしナイフをスタンさんに突きつけた。彼女は拒否されたことが初めてだったようで、怒りだしたとスタンさんは言います。恐怖で言われるままに寝室に引き入れられたスタンさん。彼女とのオーラルセックスによって勃起させられセックスに応じた。しかし、彼女は満足できず、彼は2度目の要求もこなしたが、さらに連続の3回戦を要求され、さすがに拒否。警察は彼女がその時に薬物によってセックス中毒に陥っていたかもしれないと推測しています。3回目を拒否されたペリジョク容疑者は「もっとしないと殺す!」と叫び、スタンさんをナイフで6回刺し、さらに股間に顔を埋めてきた。 しかし幸運なことに女はスタンさんを放置し、トイレへ。その隙に寝室の鍵を閉め、携帯電話で警察に助けを求めた。彼の友人は彼がセックスを拒否したことを理解できないといいますが、スタンさんは「狂った女が怒鳴りながらナイフを突きつけてくる状況でセックスなんかできるものか」と言います。地元メディアによると、ペリジョク容疑者は以前にスイスで風俗関係の仕事をし、数年前にはスペインの売春宿で働いてこともある。だが、コカイン中毒の常習者でもあり問題を起こしてルーマニアに戻っていた。
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2194240/Angelina-Jolie-lookalike-stabs-taxi-driver-refusing-sex-her.html
5人の妻はナイジェリア男性を死ぬまで強姦しました(ナイジェリア) 2012.07.25
6人の妻を持つ裕福なナイジェリアBenue州の慈善家ウロコ・オノージャは5人の妻にレイプされている最中に息をひきとりました。オノージャには6人の妻がいましたが、最近彼は最も若い妻に夢中で、他の5人は相手にしていなかったそうです。嫉妬にかられた5人の妻たちはついに怒りを爆発させて事件当日、彼が最も若い妻とセックスしている時に、寝室に乱入しました。5人の妻たちは彼にその場で彼女たち全員とセックスするようつめよりました。しかし彼は拒否したので、彼女たちは怒り狂ってナイフと棒で彼を殴打しました。彼がどんな怪我を受けたかは不明です。次に彼の妻たちは彼をレイプしはじめました。
レイプされている間、彼は暴れていました。彼は4人の妻とのセックスを終え、最後の5人目の妻が彼をレイプしようとしたとき、彼が突然動かなくなりました。5人の妻たちは最初、彼が失神したと思っていたようです。「彼女たちは強姦するのをやめて、みんなで笑っていました」と、最も若い妻は証言しました。しかし彼が死んでしまったのを悟った、彼女たち全員は森に逃げました。やがて2人の女性は、犯人として逮捕されました。
http://digitaljournal.com/article/329333

セックス依存症の女が36時間にわたって監禁逆レイプ(ドイツ) 2012.04.30
ドイツの女性(47)によって長時間監禁され逆レイプされた男性(31)はミュンヘン通りで泣いているところを発見されました。彼は発見されたとき、36時間以上セックスすることを強いられたと警察に言いました。「私は、バスでその女性に会いました。彼女は、私を家に誘いました。それが、地獄のはじまりでした。私は、もうアソコが痛くて歩くことができません。助けてください」と。女性はセックス中毒の治療の病院からの帰り道にこの犠牲者に会いました。彼女は男性を家へ招待しました。彼女と男性は彼女の部屋で自然と性行為におよびました。彼女がはてしない性欲の持ち主と気づいた彼は部屋から逃げ出そうとしました。しかしドアには頑丈なカギがつけられていて開きません。彼はすぐに彼女にベッドに引き戻されて、彼女は彼をむさぼりました。1日間半にわたるセックスで、彼女が寝入ったあと、彼はなんとかアパートのドアを壊すことによって彼女の部屋から脱出することができました。 この事件より前に女性は最初の犠牲者(43才のDieterシュルツ)とバーで出会いました。その男は、彼女の家に行った後に、部屋に閉じ込められセックスを強要されました。なんとかバルコニーへ逃げて、「彼女は、セックスで私を殺そうとしています」、「私は外に出ることができません」、「私はこれ以上セックスを続けることができません」と彼はミュンヘン警察に電話しました。彼は、性的な強制と自由の奪取で女を告発すると言いました。女性による2回目の攻撃の後、47才の彼女は精神医療に連れて行かれました。

http://www.huffingtonpost.co.uk/2012/04/30/german-nymphomaniac-attack-captures-men-street_n_1464429.html


inserted by FC2 system